【シングル】慎重ボーマンダについての主観

0 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、今巷で話題となっているらしいと言われているこのポケモンについて、僕なりに思っていることを書いていこうと思います。





マジで横長ぇ…
ダブルで置く場所間違えると味方が見えないって聞いてめっちゃ笑いました。
と、無駄話はこの辺にして…


Ⅰ.型紹介
性格:慎重
実数値:201(244)-166(4)-151(4)-×-152(228)-144(28)
技構成:空元気/地震/竜の舞/羽休め
このように、ほぼHDにぶっぱするのがテンプレだと思います。
メガ前のSは124となるので準速キノガッサ抜き、メガ後のSは準速ランドロス抜きとなっています。
サブウェポンについてですが、火力が無いため鋼を強引に飛行技で落とせない事とギルガルドに非接触で打てるという事で地震を採用しました。
一目見て分かると思いますが、遅いし火力も無い、こんなのにメガ枠割くのか?ってレベルの弱さです。
しかし、このポケモンの強みは通常のボーマンダには無い硬さです。
そして硬さを活かして起点となるポケモンとの対面で積極的に竜舞することで、勝ちを拾いに行くのがこのポケモンです。
起点というのが非常にこのボーマンダにとって鍵になっていて、不一致2倍弱点までしか付けないポケモンはほぼ全て起点に出来ると言っても過言ではありません。
勿論挑発や状態異常技など変化技は考慮しなければなりませんが、そこに気を付ければ起点と出来ます。

Ⅱ.運用法
細かい耐久の数値などはおそらく誰かが上げると思うので、具体的にどこまで耐えるかの例として珠臆病レボルトのめざ氷を確定で耐えます。
この「耐える」っていう単語が非常に厄介で、このボーマンダで積極的にボルトロスやクレセリア、ポリゴン2といった高耐久ポケモンを起点にしようとしてる人を見かけることがあります。
しかし、ボルトロスからは先制電磁波が飛んでくるし、冷ビは氷の可能性も考えると安定するとは到底思えません。
また毒羽型で使おうとする人もいるようですが、それなら陽気にした方が絶対に強いです。
このポケモンは他のポケモンと合わせた縦の並びをしっかり形成しつつ、隙を見て竜舞して全抜きの態勢を作るという立ち回りが理想であり、不一致氷技を耐える事は副産物程度だと僕は思っています。
その相方として今期僕はナットレイを使用しました。
このポケモンは、ステロ,宿り木,鉄の棘といったスリップダメを稼いだり、電磁波が使えるので搦め手として非常に優秀です。
またナットレイの苦手な炎と格闘をボーマンダが、ボーマンダの苦手な竜と妖をナットレイが半減で受けることが出来るので、縦の相性は非常に良いです。
具体的な運用方法としては、初手にマンダかナットを選出し、出来るだけ速やかにステロを撒き、あとは有利対面で回復を図りながら相手をサイクルさせて削りを加えた後、明確な起点に対してボーマンダの竜舞から全抜きという立ち回りをするのが理想となります。
この時、ポケモンによっては威嚇を残すためにメガシンカせずにボーマンダが羽休めを選択することも有ります。
この組合せで重たいのは回復技持ちの高耐久ポケモンと炎技持ちでマンダの弱点を突ける特殊ポケモンなので、そこをカバーするポケモンとしてニンフィアとチョッキマンムーを採用しました。
バレパン持ちや地面等倍以下の鋼タイプ、ギャラドス等マンムーが刺さりにくいポケモンが来そうな時はゴツメサンダーを受け出していきます。
このポケモンはマンダギャラ対面やマンダナット対面で電磁波を透かす枠としても優秀です。
残る一枠にはガルーラを能動的に倒せるor選出抑制出来るポケモンが好ましいと思い、バシャーモを採用しました。
ここまでで重たいポケモンが初手の両刀メガガルーラとボーマンダより先にメガシンカしたメガリザードンXです。
リザードン軸に対しては初手リザ読みの初手ボーマンダで有利を取れるように立ち回りますが安定するとは言いにくいです。
両刀メガガルーラはパーティを見た時点で読みづらいため、対処が後手に回らざるを得ません。
この2匹に安定するポケモンがいたら非常にありがたいのですが、今のパーティよりも並びを歪ませずに採用出来るポケモンが見つからないのが現状です。

Ⅲ.攻撃技について
慎重ボーマンダの場合優先順位としては空元気が一番高いと思われます。
理由としては、そもそも火力を求めていない型である事とナットレイに飛んでくる炎技に受けだして火傷を負った場合のケアという点です。
またHP管理が非常に大事なポケモンなので、空元気がどうしても嫌な場合は捨て身よりも恩返しを推奨します。

Ⅳ.総括
何度も言いますがこのボーマンダは単体性能は非常に低いポケモンですが、しっかりとサイクルを回せるパーティの一枠に組み込んだ場合、その高い耐久性能によって相手を“詰ます”ことの出来るポケモンだと僕は思います。
実際、今のパーティにしてナットマンダを基本選出として回したところ相手を倒し切る事なく降参を貰うことが増えたような気がします。
実際、パーティのコンセプトとしては受けループに近いと考えています。
まだ開拓途上なポケモンなので、僕自身もより良い並びについて考え続けていきたいと思います。
では、今回はこの辺で。







ページトップ